離婚後に、家を売る時の注意点

離婚の際に、家を売る時の注意点

離婚では、財産分与を行う必要があるので、使われなくなる家を売る処分方法があります。

家を売る理由は、離婚後に生活する場所としては大き過ぎたり、不動産より現金を求める事等です。

しかし、家を売る場合は、幾つかの注意点を把握する事が大切で、離婚を納得して行う必要があります。

家を売る事は、不動産を手放す結果になるので、所有時より財産的な価値が低下する事は避けられません。

離婚は、基本的に話し合いで解決する問題なので、家を売るか維持を決める前には意見交換が必要です。

一方的に家を売る決断をしたり、実際に売却してしまう事は、離婚の問題が長引くだけではなく、新たな問題に繋がる引き金になります。

話し合いが大切なのは、売却後の利益をどの様に分けるかといった事も含まれています。

離婚原因がお互いにあり、責任の割合がお互いに半分であれば、特別な理由がない限り不動産の売却利益も半分ずつになります。

ただ、どちらかの責任の比重が重たい場合は、それに応じて割合を変える必要があります。

これにもお互いの納得が必要なので、十分に納得出来る話し合いが大切です。

三つ目の注意点は、家を売る実際のタイミングで、高値で売れるチャンスを逃さない事が重要です。

ローンが残っている物件は、返済を解決する必要があるので、住宅を高値で手放す事は必須です。

離婚後に不動産を売却するコツは、売却目標期間の設定と計画性、そして全ての事柄に話し合いの場を設ける事です。

焦って早く手放そうとする事は、売却損を発生させる原因となるので、まずは時間的な余裕を確認する事から始める事が失敗を避けるコツです。

↑ PAGE TOP